東村山で新整体・リセット療法「からだ快福院」のブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
副院長の檜山です

倒れこむように来院された30代の女性

何かにつかまっていても、体が崩れ落ちるようにしか歩けません

お話を聞くと、

子供のころから股関節の不具合があり、

足を引きずって歩くのが当たり前だったそうです。

五年前に親戚の紹介で整体に行かれたそうです。

そこで、一度で踵一つ分の差があった足の長さを揃えてもらった。

その半年後に動けなくなり背負ってもらった経験が。

一年に出産。

産後、卵巣の摘出手術を受け、産後ベルトが出来なかったので

ようやく夏からベルトを締め始めたそうです。

一週間前に朝起きたら腰に激痛が走り

以後、歩くのもままならない・・・・・。


骨盤を揃えて、背骨が曲がっていたので揃え

歩く動きに合わせて、骨盤を一緒に動かしました。

スッと立てて、スタスタ歩けるようになりました。


凄い変化!

本人は「こんなに歩けたっけ?って思います・・・」とのこと。

大きな変化が出たので

今日のとこと、次回までに動き過ぎないように注意してもらう約束をし

終了。


さて、原因はなんでしょう?

ご本人からも質問がありました。

お話を聞いている限りでは、

過去をたどれば、幼少のころからの引きずりながら歩いていた状態でも

腰に負担はあったでしょう。

そして、五年前に一回の整体で足を揃えたという無理な施術、

その後のケアもしてもらえなかったこと、

それと、今回の激痛は

産後の多忙の中での疲労や産後の腹筋の低下、

手術後の筋力の低下も考えられます。

そして、骨盤ベルトで歪んでいた骨盤を固定したことで

歪みのある状態で体を使い続けたことで

体のあちこちに負担がかかっていたこと。

子供の成長は早く、どんどん体重が重くなっていき

10キロになったことで、彼女の身体が悲鳴をあげた・・・・・

と考えられます。

原因は、一つではありません。

いろいろなことが重なったという状態です。

ベルトは、使い方がいまいち世の中に向けてハッキリ示されていなくて

いろいろなトラブルを生むことが多くて、

考えさせられます。
スポンサーサイト
副院長の ひやま です

最近、10代20代の女性が多く通われています。

その問診で多く耳にするのが

「学校の健康診断で「背骨が曲がっている。」と言われた」

という話です。


私はこれに疑問を感じます。

学校の健康診断で、背骨が曲がっていることを指摘して

どうなるのか?ということ。

歯科検診でも虫歯がありますねと言われたから

歯の治療にいく・・・・言われたから

行けたし治療できて大事に至らずに済んだ・・・と同じこと。

わかりますが、

この年齢の子に、「背骨が曲がっている」という告知は

配慮がないように感じるのです。

私なら、悲しいし恥ずかしいし泣くなぁ~。

傷つきます。

体を診てもらおう!という気持ちで病院や整形・整体に言って

言われたなら、まだ心構えもありますが

学校の健康診断にそこまでの覚悟をもって受ける子は

なかなかいないように思うのです。

ショックだったろうに・・・・と毎回思うのです。

せめて、

「背骨に歪みがあるから、こうゆうところあるから行ってみると
いいかもしれませんね?」と言ってほしい。

思いやりかと。


確かに、ここのところ10代20代でも体の歪みが大きくでているこは

多いようです。

そして、症状はめまいやふらつき、背中の痛みや腰の痛み。

生理になると動けないほどに腰が痛くなったり、体調が悪くなったり。

10代20代で、体を動かせないという状態は辛いです。

いろんな楽しいことあるから、恋に友達に勉強に・・・。

痛みで思うようにならないなんてもったいないです。

私が痛みや苦しさで鬱になった10代から20代は

今思い返すと、つまらなかったです。

いろいろな出会いと学びはもちろんありんましたが、

もっといろんなことがしたかった。


痛くない・・・・といってニコっとほほ笑む彼女たちを見ると

本当にこの仕事をしていて良かったと思います。

来てくれて、ここを選んでくれてありがとう!

草木も眠る丑三つ時・・・・・・

ってちょっと早いけど、0時を過ぎたあたりの話です。

腰が痛い・・・・・・

一日の疲れかしらん・・・なんて思っていたら、

ある日から、朝起きても痛い。日中も痛い。

そして、腰に手を伸ばしてみると、なんとまぁ・・・腰の骨がボコって出ちゃってるよ。

触るだけで、ピリピリ痛い。


せっせと施術。せっせと施術。


だいぶ良くなったと思って、またもや0時過ぎたある日・・・・・・

痛い!

痛い!ぞ!

触ってみると、またもやポッコリ。

〇時過ぎまで、背骨に負担をかけていると、こうなりやすいのも納得。

そして、最近は息子の高熱や夜泣きで寝不足が続いていた。


22時には寝る息子に合わせて、寝る!愛しの旦那さんには先に夢の世界に行くことを

詫びて涙のお別れをして、寝る!体を休める!!!

徹底したら、だいぶ良くなって、

朝起きての腰の痛みもなく、日中も腰の痛みは無くなりました。

でも、背骨は歪みやすいのは残ってる。。。。。。

引き続き、施術をしていきましょう。

腰の痛い方、朝起きると痛い方、早寝を一週間くらい意地でも続けてみてください。

変わると思います、その痛み。
からだ快福院

狭窄症と診断された60代男性

体に出ている症状としては、腰痛と片足の強い痺れ

歩くと3分で強い痺れが襲い 歩けなくなるようです

歩けなくなるとは大変なことですよね

お仕事では外を歩くのに大変な苦労をされているようでした

施術を行っていくうちに 原因が股関節にあることがわかりました

股関節にアプローチをしたところ

強い痺れが薄れました

歩いていただいたところ 

歩けました 狭い院内をうろうろですが・・・

若干、痺れは残りましたが喜んでいただけました

よかったです

次回、また来られますがいい報告を楽しみにしています
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 その痛み、あきらめたらダメ! all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。